ウルトラマラソン用のシューズって何がいいの?

2013年1月10日 06:54 / カテゴリ:[ ランニング ]

市民ランナーにとって、マラソンやジョギングを始めた際に42.195kmを走りきるというのは、大きな目標だろう。

しかし、練習を積み、経験を重ねれば、遅かれ早かれフルマラソンは走りきれるもの。

そして、次の目標をどこに置くかはランナー次第だが、長い距離、例えば100kmのウルトラマラソンを新しい目標とする人も少なくない。

さて、ウルトラマラソン用のシューズはどんなシューズが適しているのだろうか。パっと思いつくのは、長い距離を走りのだから、フルマラソン用のシューズよりも底が厚くてサポートがしっかりしているものがいいだろうなと。

では、底が厚ければ厚いほうがいいのだろうか。その分重くなるうえ、自分に合っていない厚さだと、むしろ走りにくく無駄に走りきるのに時間がかかってしまうともいえる。


結論としては、フルマラソンのシューズより底は厚いほうがいいが、やや厚いぐらいで充分だろう。
ただし、そのランナーの普段の練習量や、今までのラン歴や、そしてタイプによる。
フルマラソンを同じ3時間半で走るランナーであっても、前半と後半でペースが変わらないランナーは、足が出来ていさえすれば、極端な話、フルマラソンと同じシューズで走っても構わないだろう。

一方、前半より後半のタイムが大きく落ちるランナーの場合は、フルマラソンのシューズよりやや厚めのシューズを履いたほうがいいだろう。

例えば、asicsを例にとると、
2011年モデルで比較的軽量のサロマレーサーST、初心者向けのゲルサロマ、2012年モデルではそれぞれの後継のサロマレーサーST2、ゲルサロマ2が出ている。
フルマラソンの完走歴も少なく、とにかくウルトラマラソンは完走できればいいというのであれば、おすすめは「ゲルサロマ」「ゲルサロマ2」であるが、フルマラソンでも何度も完走していて、ペース感覚も磨かれているランナーであれば、「サロマレーサーST」「サロマレーサーST2」でなくとも、例えばターサーシリーズでも問題ないだろう。

今まで底厚のシューズでしかウルトラマラソンを走ったことがない方は、是非ウルトラマラソン用の練習で、できれば50km程度をいつもより薄めのシューズで走ってみて欲しい。意外にいけそうだということに気づくランナーがきっと多いことだろう。

管理人プロフィール
らんたろー
ショップに行くとついつい買う予定ではなかったシューズまで買ってしまうので、最近は泣く泣く行く機会を控えるようにしています。ボーナス出てくれ!